彦部家住宅

3.20
群馬 > 桐生・伊勢崎・太田・館林

「彦部家住宅」への投稿写真

「彦部家住宅」へのレビュー

からっ風②

からっ風②

2021/01/21

aumo

彦部屋敷 桐生市広沢町の手臼山の麓に位置する。山裾以外の三方に土塁と堀を設け、南の大手口に長屋門、北の搦手口に櫓台を築いた中世の屋敷構えを残している。主屋や長屋門は江戸時代に建てられたものである。 彦部家は家蔵の「高階朝臣家譜」によると、天武天皇の長子である高市皇子を祖とする。高市皇子から六代目で臣籍降下し高階姓となり、高階氏は鎌倉時代に陸奥国斯波郡彦部郷に移り、彦部姓を名乗った。室町時代に彦部氏は足利将軍家に仕え、永禄4年(1561年)に広沢の地に屋敷を構えたと伝わる。 主屋 入母屋造・茅葺。江戸時代初期の建築と推定される。間取りは東が土間、西が居室となっており、広間・表座敷・奥座敷・裏座敷・納戸で構成されている。北の突出部は織物工場として利用されていた。 長屋門 寄棟造・茅葺。江戸時代中期の建築と推定される。 冬住み(隠居屋) 寄棟造・茅葺。江戸時代中期の建築と推定される。 文庫倉 土蔵造・切妻造・鉄板置屋根。江戸時代後期の建築と推定される。 穀倉 土蔵造・切妻造・桟瓦葺置屋根。安政3年(1856年)の建築である。 櫓台 竹が岡八幡宮 土地 - 石垣・堀・土塁・水路・井戸・祀社を含む土地(宅地、山林、田、原野)20,607.15平方メートルが、建物とともに重要文化財に指定されている[1]。 #彦部屋敷 #群馬県桐生市

からっ風②

からっ風②

2021/01/17

aumo

僕の大好きで得意な「そば忠50号店」に行って来ました。 券売機で食券を買うのですが間違えてしまい、温かいそばとミニ天丼を買ってしまいました, そば忠さんで初めて温そばを食べましたが美味しいかったです。寒かったから身体が暖まり結果👍でした。 無料の天かすを沢山のせて、たぬきそばにしていただきました👌 妻は期間限定の鍋焼きうどんにしました。卵が何故か生❓後のせなんでしょうね🥚鍋自体熱々では無いので煮えません⤵︎ ましてや鍋焼きうどんにキクラゲが入ってるぅー(意味不明)⁉️ でも、味は良かった(美味しいかった)と妻は言ってました👍👍👍

  • + 4
からっ風②

からっ風②

2021/01/13

aumo

桐生市広沢町の国道50号線沿いに有るお蕎麦屋さんの「そば忠」さんです。 大根そばに揚げ餅をトッピング 揚げ玉は取り放題 僕のお気に入り店です。

  • + 5

「彦部家住宅」の基本情報

名称

彦部家住宅

カテゴリー

その他・その他

住所

群馬県桐生市広沢町6-877

駐車場

電話番号

0277-52-6596

「彦部家住宅」周辺のお店・レストラン

「彦部家住宅」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら