喰違見附跡

4.00
東京 > 水道橋・飯田橋・神楽坂・本郷

江戸城外堀には36の見附門があったと言われ、当時、役人が人々の出入りを監視して外敵の侵入を防いできた。通常の見附門は石垣で枡形に組んだ強固な構造の石垣と二重の門が築かれていたが、四谷門と赤阪門との間の清水坂から紀州家中屋敷への喰違土手前にあった喰違見附跡には城門がなく、周囲の高い地形を生かして土塁が築かれていた。カギ型に曲がった道の地形を生かした見附跡は貴重な遺産である。

「喰違見附跡」への投稿写真

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「喰違見附跡」の基本情報

名称

喰違見附跡

カテゴリー

その他・その他

住所

東京都千代田区紀尾井町5-2

アクセス

(1)JR、東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷駅」から徒歩6分

駐車場

「喰違見附跡」周辺のお店・レストラン

「喰違見附跡」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「喰違見附跡」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら