浅間神社

4.01
山梨 > 甲府・山梨・笛吹

甲斐国の一ノ宮で貞観7年(865年)に富士山の噴火を鎮めるために創建された。4月15日に行われる大御幸祭りは、甲府盆地を代表する祭りの一つ。

「浅間神社」への投稿写真

「浅間神社」へのレビュー

take.a

take.a

2022/09/25

aumo

9月24日にお参りの帰りに寄りました 笛吹市一宮町にあります 「浅間神社⛩」PART② 浅間神社には十二支参りと言うお参りがあります😊 人の形をした石像をくぐると 十二支の石像がずらり並んでました😱 ねずみ、牛、虎、うさぎ、龍、ヘビ、馬、羊、猿、鶏、犬、イノシシ その年の干支と自分が生まれた干支を お参りすると、ご利益があると言われてます🙏 私もお参りしてまいりました🤣 他にも冨士山の形をした石像(写真9枚目)と 稲荷神社(写真10枚目)もあります😊 余談ですが お賽銭の金額にも意味があるそうです 5円 ご縁がある 11円 良いご縁がある 15円 十分にご縁がある 25円 二重に良いご縁がある 50円 五重に良いご縁がある 115円 十分良いご縁がある 125円 十二分に良いご縁がある お賽銭する際の参考にしてください😊 素晴らしいご縁がるかも👍 甲斐国一宮 浅間神社 かいのくにいちのみや あさまじんじゃ 住所 山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684 #タカちゃんの日常

  • + 5
take.a

take.a

2022/09/24

aumo

9月23日は秋分の日 昨夜は台風が近づいて凄く雨が降りました☔️ 静岡県では線状降水帯が発生し被害が出ました😱 aumoユーザーの方の被害も心配です🙏 山梨では朝方雨も止んできました 今日はお彼岸の中日なのでお墓参り行き 帰りに笛吹市一宮町にある 「浅間神社⛩」に寄りました😊 甲斐国一の宮で、11代垂仁天皇8年に神山の麓に鎮座したのが始まりです。貞観7年(865)に現在地に移され、県内では最も古い神社の一つ 毎年多くの人々が参拝に訪れています。 初詣には長蛇の列ができ、新年への抱負を祈願  また多くの受験者も訪れ志望校に合格できるよう 祈願に来てるそうです🙏 1枚目の写真 「女神の井戸」 2016年に完成 2枚目の写真 花手水 本日は花は無く、色とりどりのBー玉が綺麗に 手水の中で輝いていました🤣 3枚目の写真 「大黒様の石像」 大黒様は食物・財福を司る神として、室町時代以降は「大国主命(おおくにぬしのみこと)」の民族的信仰と習合され、参拝者の心を癒してくれる神様ですね😊 4枚目の写真 「亀🐢の松」ちゃん😆 5枚目の写真 「随神門」 随身門は明治四十二年(1909)の再建 随身(近衛府の官人)の姿の守護神像を左右に 安置した神社の門。 この二神は閽神(かどもりのかみ)あるいは看督長(かどおさ)といわれ、 俗に矢大臣・左大臣と称されてるそうです 10枚目の写真 「大鳥居」 国道20号沿いに聳え立つ大鳥居です👍 甲斐国一宮 浅間神社 かいのくにいちのみや あさまじんじゃ 住所 山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684 #タカちゃんの日常

  • + 5
ちー

ちー

2020/01/12

aumo

浅間神社へ行って来ました✨✨ #一宮浅間神社 #山分け #一年安鯛おみくじ #夫婦梅 #おみゆきさん #パワースポット

  • + 2

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「浅間神社」の基本情報

名称

浅間神社

カテゴリー

その他・その他

住所

山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684

駐車場

電話番号

0553-47-0900

備考

文化財:国指定重要文化財 創建年代 :平安

「浅間神社」周辺のお店・レストラン

「浅間神社」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「浅間神社」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら