仙波東照宮

4.01
埼玉 > 川越・ふじみ野・東松山

元和2(1616)年駿府城で徳川家康が亡くなると一旦久能山に葬ったが、元和3(1617)年日光山に改葬の途中、3月23日から26日までの4日間、遺骸を喜多院に留めて天海僧正が導師となり大法要を営んだ。そのことから境内に東照宮が祀られ、寛永10(1633)年には立派な社殿が造営された。しかし寛永15(1638)年の川越大火により類焼したため、徳川家光公の命により川越藩主堀田正盛が奉行となって直ちに再建に着手した。寛永17(1640)年に完成したものがそのまま現在の社殿として残っている。本殿は三間社流れ造りの銅瓦葺、瑞垣は延長30間の瓦葺で中央正面には平唐門がある。拝殿は単層の入母屋造り、正面の向拝は1間、幣殿は背面が入母屋造りで、前面は拝殿の屋根に接続し、どちらも銅瓦葺である。

「仙波東照宮」への投稿写真

「仙波東照宮」へのレビュー

タッキー

タッキー

2019/03/14

aumo

#おでかけ #徳川家ゆかり #埼玉県川越市

「仙波東照宮」の紹介記事

川越のおすすめ観光地26選!名物グルメや情緒ある街並みが見ど...

aki2801

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「仙波東照宮」の基本情報

名称

仙波東照宮

カテゴリー

その他・その他

住所

埼玉県川越市小仙波町1-21-1

駐車場

営業時間

公開日:日 9:00~16:00 祝日

電話番号

049-222-5556

備考

文化財:市町村指定重要文化財、寛永10年(1633)に県立。現在の建物は寛永17年(1640)に再建されたものです。 創建年代 :1633年

「仙波東照宮」周辺のお店・レストラン

「仙波東照宮」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「仙波東照宮」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら