赤坂氷川神社

東京 > 赤坂・永田町・虎ノ門
その他・その他

投稿写真

レビュー

きんちゃん

きんちゃん

2020/01/14

aumo

【勝海舟 住居跡地】 今日は赤坂氷川神社さんの近くに行ったので、参拝してきました。実はこの氷川神社の裏手には、あの勝海舟先生の御自宅が在った場所です。自宅の間取、採掘品などが近くのセンターに展示されています。 生まれは墨田区の方ですが、赤坂が特に好きだったそうで、赤坂地区のいろんな処に転々としていたそうです。この場所に住んだ幕末の10年間は、特に有名で華やかな時代だったそうですよ。 皆さんもご承知のように、江戸城の無血開城により外国からの植民地支配を阻止し、海国日本の基礎へと導いたお方ですからね。 もちろん大好きな坂本龍馬さんを育てた人物でもあります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【勝海舟(1823-1899)】 幼名は麟太郎。本名は義邦。 江戸時代の官位として安房守の名前が浸透していました。明治維新後の改名は「安芳」本人いわく『あーほぉ』とも読めて、非常にお茶目な一面もあるお方でした。 因みに海舟とは雅号です。本名以外の時に使うもので、作家名みたいな感じですね。 妹の旦那さんである、佐久間象山(思想家/兵学者)の本『海舟書屋』から拝借したとか‥。 新政権の政治にはあまり関わりませんでしたが、卓越した見識や思想。またその情熱は内外の指導者的な人達と幅広く交わり、平和的な解決案や国事に奔走したことも語り継がれていますね。。 さらに心温まる話が、新政府軍責任者であったあの西郷隆盛氏が晩年、明治政府に裏切られ戦争に巻き込まれて自害した時、その汚名返上に奔走し、西郷隆盛の子供達の面倒をみたのも勝海舟と言われています。 また最後の将軍15代:徳川慶喜公の名誉回復にも努めたことも有名な話しですからね。。 先見の頭も切れ、柔軟で優しい。何よりジョークが大好きな幕臣だったのです。 晩年、最後の言葉が、 『コレデ、オシマイ!』 だそうです。 #赤坂氷川神社#氷川神社#勝海舟#坂本龍馬#山分け #aumo#お出かけ

きんちゃん

きんちゃん

2020/01/14

aumo

【勝海舟 住居跡地】 今日は赤坂氷川神社さんの近くに行ったので、参拝してきました。実はこの氷川神社の裏手には、あの勝海舟先生の御自宅が在った場所です。自宅の間取、採掘品などが近くのセンターに展示されています。 生まれは墨田区の方ですが、赤坂が特に好きだったそうで、赤坂地区のいろんな処に転々としていたそうです。この場所に住んだ幕末の10年間は、特に有名で華やかな時代だったそうですよ。 皆さんもご承知のように、江戸城の無血開城により外国からの植民地支配を阻止し、海国日本の基礎へと導いたお方ですからね。 もちろん大好きな坂本龍馬さんを育てた人物でもあります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【勝海舟(1823-1899)】 幼名は麟太郎。本名は義邦。 江戸時代の官位として安房守の名前が浸透していました。明治維新後の改名は「安芳」本人いわく『あーほぉ』とも読めて、非常にお茶目な一面もあるお方でした。 因みに海舟とは雅号です。本名以外の時に使うもので、作家名みたいな感じですね。 妹の旦那さんである、佐久間象山(思想家/兵学者)の本『海舟書屋』から拝借したとか‥。 新政権の政治にはあまり関わりませんでしたが、卓越した見識や思想。またその情熱は内外の指導者的な人達と幅広く交わり、平和的な解決案や国事に奔走したことも語り継がれていますね。。 さらに心温まる話が、新政府軍責任者であったあの西郷隆盛氏が晩年、明治政府に裏切られ戦争に巻き込まれて自害した時、その汚名返上に奔走し、西郷隆盛の子供達の面倒をみたのも勝海舟と言われています。 また最後の将軍15代:徳川慶喜公の名誉回復にも努めたことも有名な話しですからね。。 先見の頭も切れ、柔軟で優しい。何よりジョークが大好きな幕臣だったのです。 晩年、最後の言葉が、 『コレデ、オシマイ!』 だそうです。 #赤坂氷川神社#氷川神社#勝海舟#坂本龍馬#山分け #aumo#お出かけ

きんちゃん

きんちゃん

2020/01/14

aumo

【勝海舟 住居跡地】 今日は赤坂氷川神社さんの近くに行ったので、参拝してきました。実はこの氷川神社の裏手には、あの勝海舟先生の御自宅が在った場所です。自宅の間取、採掘品などが近くのセンターに展示されています。 生まれは墨田区の方ですが、赤坂が特に好きだったそうで、赤坂地区のいろんな処に転々としていたそうです。この場所に住んだ幕末の10年間は、特に有名で華やかな時代だったそうですよ。 皆さんもご承知のように、江戸城の無血開城により外国からの植民地支配を阻止し、海国日本の基礎へと導いたお方ですからね。 もちろん大好きな坂本龍馬さんを育てた人物でもあります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【勝海舟(1823-1899)】 幼名は麟太郎。本名は義邦。 江戸時代の官位として安房守の名前が浸透していました。明治維新後の改名は「安芳」本人いわく『あーほぉ』とも読めて、非常にお茶目な一面もあるお方でした。 因みに海舟とは雅号です。本名以外の時に使うもので、作家名みたいな感じですね。 妹の旦那さんである、佐久間象山(思想家/兵学者)の本『海舟書屋』から拝借したとか‥。 新政権の政治にはあまり関わりませんでしたが、卓越した見識や思想。またその情熱は内外の指導者的な人達と幅広く交わり、平和的な解決案や国事に奔走したことも語り継がれていますね。。 さらに心温まる話が、新政府軍責任者であったあの西郷隆盛氏が晩年、明治政府に裏切られ戦争に巻き込まれて自害した時、その汚名返上に奔走し、西郷隆盛の子供達の面倒をみたのも勝海舟と言われています。 また最後の将軍15代:徳川慶喜公の名誉回復にも努めたことも有名な話しですからね。。 先見の頭も切れ、柔軟で優しい。何よりジョークが大好きな幕臣だったのです。 晩年、最後の言葉が、 『コレデ、オシマイ!』 だそうです。 #赤坂氷川神社#氷川神社#勝海舟#坂本龍馬#山分け #aumo#お出かけ

きんちゃん

きんちゃん

2020/01/14

aumo

【勝海舟 住居跡地】 今日は赤坂氷川神社さんの近くに行ったので、参拝してきました。実はこの氷川神社の裏手には、あの勝海舟先生の御自宅が在った場所です。自宅の間取、採掘品などが近くのセンターに展示されています。 生まれは墨田区の方ですが、赤坂が特に好きだったそうで、赤坂地区のいろんな処に転々としていたそうです。この場所に住んだ幕末の10年間は、特に有名で華やかな時代だったそうですよ。 皆さんもご承知のように、江戸城の無血開城により外国からの植民地支配を阻止し、海国日本の基礎へと導いたお方ですからね。 もちろん大好きな坂本龍馬さんを育てた人物でもあります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【勝海舟(1823-1899)】 幼名は麟太郎。本名は義邦。 江戸時代の官位として安房守の名前が浸透していました。明治維新後の改名は「安芳」本人いわく『あーほぉ』とも読めて、非常にお茶目な一面もあるお方でした。 因みに海舟とは雅号です。本名以外の時に使うもので、作家名みたいな感じですね。 妹の旦那さんである、佐久間象山(思想家/兵学者)の本『海舟書屋』から拝借したとか‥。 新政権の政治にはあまり関わりませんでしたが、卓越した見識や思想。またその情熱は内外の指導者的な人達と幅広く交わり、平和的な解決案や国事に奔走したことも語り継がれていますね。。 さらに心温まる話が、新政府軍責任者であったあの西郷隆盛氏が晩年、明治政府に裏切られ戦争に巻き込まれて自害した時、その汚名返上に奔走し、西郷隆盛の子供達の面倒をみたのも勝海舟と言われています。 また最後の将軍15代:徳川慶喜公の名誉回復にも努めたことも有名な話しですからね。。 先見の頭も切れ、柔軟で優しい。何よりジョークが大好きな幕臣だったのです。 晩年、最後の言葉が、 『コレデ、オシマイ!』 だそうです。 #赤坂氷川神社#氷川神社#勝海舟#坂本龍馬#山分け #aumo#お出かけ

きんちゃん

きんちゃん

2020/01/14

aumo

【勝海舟 住居跡地】 今日は赤坂氷川神社さんの近くに行ったので、参拝してきました。実はこの氷川神社の裏手には、あの勝海舟先生の御自宅が在った場所です。自宅の間取、採掘品などが近くのセンターに展示されています。 生まれは墨田区の方ですが、赤坂が特に好きだったそうで、赤坂地区のいろんな処に転々としていたそうです。この場所に住んだ幕末の10年間は、特に有名で華やかな時代だったそうですよ。 皆さんもご承知のように、江戸城の無血開城により外国からの植民地支配を阻止し、海国日本の基礎へと導いたお方ですからね。 もちろん大好きな坂本龍馬さんを育てた人物でもあります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【勝海舟(1823-1899)】 幼名は麟太郎。本名は義邦。 江戸時代の官位として安房守の名前が浸透していました。明治維新後の改名は「安芳」本人いわく『あーほぉ』とも読めて、非常にお茶目な一面もあるお方でした。 因みに海舟とは雅号です。本名以外の時に使うもので、作家名みたいな感じですね。 妹の旦那さんである、佐久間象山(思想家/兵学者)の本『海舟書屋』から拝借したとか‥。 新政権の政治にはあまり関わりませんでしたが、卓越した見識や思想。またその情熱は内外の指導者的な人達と幅広く交わり、平和的な解決案や国事に奔走したことも語り継がれていますね。。 さらに心温まる話が、新政府軍責任者であったあの西郷隆盛氏が晩年、明治政府に裏切られ戦争に巻き込まれて自害した時、その汚名返上に奔走し、西郷隆盛の子供達の面倒をみたのも勝海舟と言われています。 また最後の将軍15代:徳川慶喜公の名誉回復にも努めたことも有名な話しですからね。。 先見の頭も切れ、柔軟で優しい。何よりジョークが大好きな幕臣だったのです。 晩年、最後の言葉が、 『コレデ、オシマイ!』 だそうです。 #赤坂氷川神社#氷川神社#勝海舟#坂本龍馬#山分け #aumo#お出かけ

きんちゃん

きんちゃん

2020/01/14

aumo

【勝海舟 住居跡地】 今日は赤坂氷川神社さんの近くに行ったので、参拝してきました。実はこの氷川神社の裏手には、あの勝海舟先生の御自宅が在った場所です。自宅の間取、採掘品などが近くのセンターに展示されています。 生まれは墨田区の方ですが、赤坂が特に好きだったそうで、赤坂地区のいろんな処に転々としていたそうです。この場所に住んだ幕末の10年間は、特に有名で華やかな時代だったそうですよ。 皆さんもご承知のように、江戸城の無血開城により外国からの植民地支配を阻止し、海国日本の基礎へと導いたお方ですからね。 もちろん大好きな坂本龍馬さんを育てた人物でもあります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【勝海舟(1823-1899)】 幼名は麟太郎。本名は義邦。 江戸時代の官位として安房守の名前が浸透していました。明治維新後の改名は「安芳」本人いわく『あーほぉ』とも読めて、非常にお茶目な一面もあるお方でした。 因みに海舟とは雅号です。本名以外の時に使うもので、作家名みたいな感じですね。 妹の旦那さんである、佐久間象山(思想家/兵学者)の本『海舟書屋』から拝借したとか‥。 新政権の政治にはあまり関わりませんでしたが、卓越した見識や思想。またその情熱は内外の指導者的な人達と幅広く交わり、平和的な解決案や国事に奔走したことも語り継がれていますね。。 さらに心温まる話が、新政府軍責任者であったあの西郷隆盛氏が晩年、明治政府に裏切られ戦争に巻き込まれて自害した時、その汚名返上に奔走し、西郷隆盛の子供達の面倒をみたのも勝海舟と言われています。 また最後の将軍15代:徳川慶喜公の名誉回復にも努めたことも有名な話しですからね。。 先見の頭も切れ、柔軟で優しい。何よりジョークが大好きな幕臣だったのです。 晩年、最後の言葉が、 『コレデ、オシマイ!』 だそうです。 #赤坂氷川神社#氷川神社#勝海舟#坂本龍馬#山分け #aumo#お出かけ

タッキー

タッキー

2019/09/02

aumo

#夏 #おでかけ #東京散歩

wonderful

wonderful

2019/03/19

aumo

御神輿 #おでかけ #赤坂氷川神社 #御神輿 #御朱印

natural_gift_8821

natural_gift_8821

2019/03/17

aumo

縁結びの赤坂氷川神社にお詣りしました。いろんな方面に良縁がありますように。 #赤坂氷川神社 #本氷川坂 #全力坂 #春のおでかけ

紹介記事

もっと見る

赤坂の由緒ある神社を巡る!いろんなご利益が期待できる神社6選...

snoow228

六本木周辺の神社仏閣でパワーをもらおう!おすすめを7つご紹介...

tomoko0421

東京女子旅はおしゃれに決めよう!流行の観光スポットおすすめ1...

_matsuku_

赤坂周辺観光9選!子どもから大人まで楽しめる観光スポット紹介...

foot038

基本情報

店舗名

赤坂氷川神社

カテゴリ

その他・その他

住所

東京都港区赤坂6-10-12

駐車場

電話番号

03-3583-1935

周辺のお店・レストラン

周辺のホテル・旅館・宿泊施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら