大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)

-
栃木 > 小山・足利・佐野・栃木

大岩山毘沙門天は、奈良の信貴山、京都の鞍馬山とともに日本三大毘沙門天の一つとして知られています。天平17年(745年)、行基上人が純金の毘沙門天像を祀るのにふさわしい場所を探していたときに夢枕に神人が立ち、大岩山を教えてくれたということに起源を発します。毎年大晦日の夜半から奇祭「悪口(あくたい)まつり」、元日午前0時に「滝流しの式」が行われます。足利七福神めぐり社寺の一つです。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)」の基本情報

名称

大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)

カテゴリー

神社・神宮・寺院・その他神社・神宮・寺院

住所

栃木県栃木県足利市大岩町570

駐車場

備考

創建年代 :745

「大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)」周辺のお店・レストラン

「大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「大岩山毘沙門天(大岩山多聞院最勝寺)」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら