後藤純男美術館

-
北海道 > 旭川・富良野・士別

日本画家後藤純男の作品約130点を展示。日本画で使用する岩絵の具には天然石を精製して作るものと、人工的に作られるものがあります。天然石の中にはラピスラズリ(青い空の表現)・珊瑚(桜の花びらの表現)・牡蠣や帆立の貝殻から作る胡粉(雪の白の表現)等があります。また、金箔・プラチナ箔なども光の表現に用いられます。絵の具や箔には接着性はありませんので膠(にかわ)で溶いて筆で和紙に描きます。ぜひ日本画の繊細な表現をご覧ください。併設するレストランふらのグリルでは画家がアトリエから望んだのと同じ十勝岳連峰を眺めながら、地元食材を使った食事やデザートが堪能できます。見る人たちに感銘を与え、長く心に留める後藤純男の作品をお楽しみください。

「後藤純男美術館」の紹介記事

【2020】富良野のおすすめ観光地24選!ラベンダー畑の見所...

kanako0215

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「後藤純男美術館」の基本情報

名称

後藤純男美術館

カテゴリー

エンタメ・アミューズメント・その他エンタメ・アミューズメント

住所

北海道空知郡上富良野町東4線北26号

アクセス

(1)上富良野駅から車で5分

駐車場

営業時間

開館:美術館10:00~17:00  レストラン11:00~17:00(L.O16:00)  休館:無休

電話番号

0167-45-6181

「後藤純男美術館」周辺のお店・レストラン

「後藤純男美術館」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「後藤純男美術館」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら