八葉寺(会津高野山)

-
福島 > 会津若松

会津高野山とも呼ばれる由緒あるお寺で、中央にある阿弥陀堂は昭和25年に国指定重要文化財・建造物に指定。空也上人により康保元年(964)に建立されたと伝えられ、文禄年間に再建されました。この地方には、古くから通称「木製五輪塔」と呼ばれる小さな塔に、亡くなられた親族の遺品などを入れて奉納し供養する、という今では全国でここだけに残る風習があり、一万四千点を超える五輪塔は、境内の舎利殿に納められています。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「八葉寺(会津高野山)」の基本情報

名称

八葉寺(会津高野山)

カテゴリー

神社・神宮・寺院・その他神社・神宮・寺院

住所

福島県会津若松市河東町広野字冬木沢208

駐車場

電話番号

0242-22-1689

備考

文化財:国指定重要文化財 創建年代 :964

「八葉寺(会津高野山)」周辺のお店・レストラン

「八葉寺(会津高野山)」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「八葉寺(会津高野山)」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら