乗鞍スカイライン

4.02
岐阜 > 高山・飛騨・下呂・白川

日本で最も高い所を走る雲上の山岳道路。平湯峠から乗鞍岳まで全長14・4kmをつなぐ。春には四ツ岳の雪壁の中を、夏は花畑を横目に見ながら、秋は紅葉の中を爽快に走り抜けられる等、四季ごとに様々な景観が楽しめる。畳平駐車場料金は大型バス1万円、マイクロ4500円他。冬期の電話案内は飛騨総合庁舎。

「乗鞍スカイライン」への投稿写真

「乗鞍スカイライン」へのレビュー

DJゴン太

DJゴン太

2020/08/22

aumo

乗鞍岳の登山のために畳平にやってきた。今夜はここで泊まる。魔王岳の登山道わきにはコマクサの群生が見られる。アルプスの女王をたっぷりと拝んだ。畳平へはほおのき平からシャトルバスで1時間弱。畳平は標高2700メートルで、ここから標高3026メートルの剣ヶ峰頂上を目指したり、時間がない場合はお花畑を一周して高山植物を楽しみながら散策もできます。天気が悪いと景色もよくありませんので、天気がいいことを祈るのみです。夏でも気温は20度を下回りますので、長袖などは必須です。環境保護の観点から、自家用車の乗り入れが厳しく禁止されています。長野県側は三本滝ゲート、岐阜県側は平湯峠ゲートで自家用車を降りなくてはいけませんので、観光客は朴ノ木平または乗鞍観光センターに車を止めてバスで来る人がほとんどです。畳平は下界(バス乗り場)より1000mほど、平地より2500mほど標高が高いため、真夏なら快適な気温、それ以外の季節ではほぼ冬のような気温ですからしっかり防寒対策をとってきたほうが良いでしょう。私は自転車派なので、初夏(乗鞍スカイライン開通直後)か紅葉の季節(9月末)に来るようにしています。初夏は畳平まで雪の壁を見ることができますし、紅葉の季節はエコーライン側で見事な紅葉を見ることができますので、この2つの季節が見ごろかと思います。畳平にはドライブインやお土産屋さん、神社等がありちょっとした観光地です。一部の方は池やお花畑の散策、多くの方はさらに奥の乗鞍岳登山を目的に来られるようです。

  • + 5
DJゴン太

DJゴン太

2020/08/22

aumo

乗鞍スカイラインは高山市平湯峠から乗鞍岳畳平を結ぶ延長14.4キロメートルの山岳観光道路です。現在、乗鞍岳の貴重な自然を保護するためマイカー規制が行われており一般車両の通行はできません。乗鞍岳へはバスまたはタクシーをご利用ください。畳平の駐車場から頂上に向いますがずいぶんきれいに整備されています。中腹のトイレも比較的きれいです。これからは整備されていますが狭く岩がゴロゴロ最後は急な岩を登ります。頂上は満員でしたね、風も強いことを忘れずに、万年雪が感動です。高山方面から来るならバスの始発は朴の木平から乗るのが良いと思います。平湯まで乗用車で行きましたが停める駐車場も少ないらしくまた10分ほど駐車場から歩かなければならないという事でした。料金は往復2300円。客が多い時は臨時バスを増発もするようです。約40分で終点の畳平に到着。 標高は2700mなので真夏の日中でもガスって風が吹けば耐えられない寒さになるので防寒着は必要です。行った日がそうで、到着して10分ぐらいは遠く富士山の山容も見えましたがその後はガスって視界100m程度で風が強く気温12度でした。(14時) またご来光バスの運行しているようです。周辺の散策路は登山道と思った方がよいですね。

  • + 5
DJゴン太

DJゴン太

2020/08/22

aumo

乗鞍岳は北アルプス(飛騨山脈)の南端に位置し、高山市と長野県松本市にまたがっています。標高3,026メートルの剣ケ峰を主峰とする23の峰と7つの湖、8の平原からなり、壮大な山岳風景を形成しています。乗鞍岳からは槍ヶ岳、穂高連峰など、まさに雲上の世界が眺められるほか、乗鞍スカイラインの終点である標高2,702メートルの畳平には約4ヘクタールのお花畑が広がり、夏には、白、黄、ピンクなど色とりどりの高山植物をご覧いただけます。乗鞍岳は国立公園の特別保護地域に指定されており、特別天然記念物のライチョウをはじめ、高山植物など貴重な動植物の宝庫でもあります。山のルールを理解し、乗鞍の自然をみんなで守りましょう。

  • + 5
21歳学生

21歳学生

2018/11/22

aumo

乗鞍スカイラインの絶景。 雲と雲に挟まれる貴重な体験。 #旅行 #インスタ映え #フォトジェニック #乗鞍岳 #絶景

「乗鞍スカイライン」の紹介記事

岐阜の観光地おすすめ20選!定番観光スポットから穴場までご紹...

satomi0908

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「乗鞍スカイライン」の基本情報

名称

乗鞍スカイライン

カテゴリー

その他・その他

住所

岐阜県高山市丹生川町久手~岩井谷乗鞍岳畳平

アクセス

(1)東海北陸道飛騨清見ICよりR158経由、平湯方面へ1時間、ほおのき平でシャトルバス乗換

駐車場

営業時間

営業:7時~18時(7月~9月は3時30分~) 休業:11月~翌5月14日、営業期間中は天候により休あり

「乗鞍スカイライン」周辺のお店・レストラン

「乗鞍スカイライン」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「乗鞍スカイライン」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら