本川小学校平和資料館

-
広島 > 広島市

原爆爆心地に最も近く、痛ましい被害受けた本川国民学校(現・本川小学校)。中沢啓治氏の作品『はだしのゲン』に登場する学校である。当時、教師一人と生徒一人が奇跡的に助かったが、破壊的な力によって被ばくした校舎の一部と地下室が資料館として保存されている。当時の焼け跡がそのまま残る地下室の様子は、被爆の悲惨な記憶を今に留めている。展示品の多くは、かつての同校の教師が被爆地から集めたものだ。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「本川小学校平和資料館」の基本情報

名称

本川小学校平和資料館

カテゴリー

その他・その他

住所

広島県広島市中区本川町1-5-39

アクセス

(1)広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「本川町」下車、南へ徒歩2分

駐車場

営業時間

開館時間:9:00〜17:00 ※正門でチャイムを押して、事務室に連絡を入れてからお入りください。(8月1日から10日は一般開放) 定休日:土曜日、日曜日、祝日、学校の振替休業日

電話番号

082-232-3431

「本川小学校平和資料館」周辺のお店・レストラン

「本川小学校平和資料館」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「本川小学校平和資料館」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら