伊奈波神社

イナナミジンジャ

4.03
7

岐阜・大垣・揖斐川/その他

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

運気上昇、伊奈波神社。魅力満載

長い歴史を持つ岐阜の「伊奈波神社」は、多くの参拝者でにぎわっています。境内には運気を上げる「逆さ狛犬」、厄災を免れる「黒瀧社」が存在し、神秘的な力が宿るとされています。近くには「金華山」もあり、観光と合わせての参拝がおすすめです。アクセスは、岐阜バスでの約10分の乗車後、「伊奈波通り」で下車し、徒歩約10分。初詣には特に多くの人が集まり、周辺の屋台も楽しみの一つとなっています。

レビュー

  • DJゴン太

    DJゴン太

    JR岐阜駅からは3kmくらいあるので徒歩だと少し遠めですが、車で行くと駐車場の先導さんもいて駐車しやすかったです。山の斜面にある神社で敷地は広い方だと思います。神社自体は昔からある厳かな雰囲気のある神社で敷地内には黒龍神社という神社も併設されていました。時期的にちょうど桜が見頃で参拝客の方も30名くらいいましたが、歩道も広いので密にならずに参拝できました。伊奈波神社では黒龍神社の御朱印も合わせて2つ頂けます。ここの神社は何より宮司さんや巫女さんのご対応が非常に良かったです。御朱印や御守りを購入する人は絶えないのでどの神社でもわりとさっぱりとした対応がほとんどだったのですが、御朱印頂いた後にお礼を言ったところ皆さん笑顔で挨拶して頂けました。今のご時世ですのでマスクは必須で顔色など分かりにくいですが、目元で伝わる笑顔でとても清々しい気持ちになれました。また機会があれば参拝したいと思います。#タカちゃんの日常

    投稿画像
  • DJゴン太

    DJゴン太

    1900年以上の歴史を持ち、岐阜の総産土神(うぶすながみ)として親しまれる神社。 斎藤道三公が稲葉山(金華山)から現在地に移したとされます。中にはお稲荷さんも有りました。 素敵な神社でした。このお社の祀神は、 「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」 第十一代垂仁天皇の長男で、景行天皇の兄にあたります。内政、土木、軍事、技術などあらゆる面で秀で美濃の地を開拓し、製鉄技術を伝え、人々の暮らしを豊かにしていきました。大陸より因幡ノ国に伝えられた、蹈鞴製鉄技術を村下(むらげ)と言われる最高技術者と共に、この美濃の地に伝えました。 蹈鞴で作られた、農器・武器・神器により美濃の地は、安定し、暮らしも豊かになます。伊奈波神社は、この地の先人たちの感謝で造られ 代を経ても脈々と感謝の気持ちは伝えられています。#タカちゃんの日常

    投稿画像
  • しゃんぽん

    しゃんぽん

    #タカちゃんの日常 岐阜県岐阜市伊奈波通にある神社。美濃国三宮、社格は旧国幣小社、延喜式に記載された美濃国厚見郡物部神社の論社とされる。主祭神は五十瓊敷入彦命でこの地の開拓神である。景行天皇14年(1900年前)に武内宿禰が五十瓊敷入彦命を祀ったのが始まり。壬申の乱の際、天武天皇が戦勝を祈願。天文8年(1539年)、斎藤道三が稲葉山に稲葉山城を築城にあたり現在地に遷座した。境内には鳥居、神橋、楼門・神門、拝殿、幣殿、本殿と見どころ満載。伊奈波神社と境内社の黒龍神社の御朱印をいただける。

    投稿画像

基本情報

伊奈波神社

イナナミジンジャ

岐阜県岐阜市伊奈波通り1-1

058-262-5151

営業時間

休業:無休

特徴・関連情報

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら