三崎港

-
神奈川 > 三浦半島

三崎港は南面の城ヶ島が自然の防波堤となり、穏やかな天然の良港として平安時代の昔から利用されてきたといわれる。近年は養殖ハマチ・マダイなどの活魚の水揚が行われ、水産業の振興のために特に重要な特定第3種漁港に指定されている港だ。京浜急行で品川から1時間ほどで三崎口駅(終点)に到着、さらに京急バスに乗って三崎港へ。気軽な日帰り観光地として人気のスポットだ。旅館の日帰り温泉に浸かったり、子供も大人も楽しめる水族館、京急油壺マリンパークで海の生き物と遊んだり。漁港周辺にはマグロ料理などの海の幸が味わえる飲食店が多く並んでいる。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「三崎港」の基本情報

名称

三崎港

カテゴリー

観光施設・名所巡り・観光コース

住所

神奈川県三浦市三崎

アクセス

(1)京急久里浜線三崎口駅(三浦海岸)より京浜急行バス三崎港下車

駐車場

「三崎港」周辺のお店・レストラン

「三崎港」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「三崎港」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら