ドンデン山

-
新潟 > 新潟・三条・佐渡

ドンデン山は大佐渡山脈にある標高934mの山で、鈍嶺(どんでん)で頂きの円い山という意味です。一の段(大滝山)、二の段(山荘)、三の段(尻立山)をへてドンデン池に至る広大な高原状のシバ草原へ至ります。ドンデン山のシバ草原は牛の放牧により純度と均質度が極めて高く日本を代表する典型的なシバ草原。点在する低木林は、ハクサンシャクナゲ、レンゲツツジ、ウラジロヨウラクなどの有毒のツツジ科直物は喫食されずに純度を高め、草原を彩る美花の三代標微種となりました。【カタクリ】●開花時期:4月下旬~5月上旬ピンクのつぼみは上から下へ向きを変え、うつむきのまま花を開く姿が可憐です。ここを訪れた人々は日本一の大群生と賞賛するほど。【シラネアオイ】●開花時期:5月~6月シライアオネは高山植物ですが、佐渡では700m位の深山で群れて咲きます。淡い紅紫の萼は花びらを思わせ、花びらの繊細なひだとふくらみ、山草の女王の気品を漂わせます。【シャクナゲ】●開花時期:6月~7月佐渡のシャクナゲはハクサンシャクナゲと呼ばれる高山性のシャクナゲ、この1種しか自生していません。金北山からドンデン縦走路、ドンデンなどに群生地があります。佐渡の最高峰金北山(海抜1172m)は御山とよばれる神おわす峰。御山の神は、白雲の中で白い馬にまたがり、手に純白のナギの花をもつと言い伝えられています。ナギの花は神の花。ナギは儺木で、人にふりかかる難を追い払う神木の意味で、シャクナゲの古名です。【ツツジ】●開花時期:5月~6月5月、佐渡の野山にレンゲツツジが咲く。佐渡ではツツジまたはヤマツツジ。越後に自生するヤマツツジやユキグニツツジは佐渡には分布していません。山野の崩壊地にいち早く進入し群生するパイオニア植物。【石花登山口】●標高:940m●登山レベル:中級者●山開き:2018年4月20日●登山時期:4月~11月●所要時間:山頂まで約5時間●山小屋:有り

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「ドンデン山」の基本情報

名称

ドンデン山

カテゴリー

自然景観・絶景・高原

住所

新潟県佐渡市椿

駐車場

「ドンデン山」周辺のお店・レストラン

「ドンデン山」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「ドンデン山」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら