ラムサール条約登録湿地「佐潟」

-
新潟 > 新潟・三条・佐渡

新潟市は白鳥飛来数が全国1位。佐潟、鳥屋野潟、福島潟の三つの潟湖には沢山の白鳥が訪れます。佐潟は国内最大の「砂丘湖」で、砂丘と砂丘の間のくぼ地に水がたまって出来た潟湖。貴重な水生植物が数多くみられ、冬は様々な渡り鳥の飛来地になります。「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約(ラムサール条約)」に登録されており、11月から2月末までの毎週土曜日、日曜日は佐潟水鳥・湿地センターが午前7時開館。室内からも白鳥をご覧いただけます。※白鳥は日中、周辺の田んぼへエサ取りに出かけ、夕方湖に戻って来ます。●白鳥の種類:コハクチョウ●最大飛来数:約7,000羽●エサやり:不可能●面積:758,000平方メートル

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「ラムサール条約登録湿地「佐潟」」の基本情報

名称

ラムサール条約登録湿地「佐潟」

カテゴリー

自然景観・絶景・湖沼

住所

新潟県新潟市西区赤塚5404-1/ラムサール条約登録湿地「佐潟」

駐車場

営業時間

営業:●佐潟水鳥・湿地センター:9時~16時30分 ※冬季(11月~翌2月)の土曜日・日曜日は7時開館 ●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

電話番号

025-264-3050

備考

駐車場(普通車:200台(無料)) その他 :11月~2月

「ラムサール条約登録湿地「佐潟」」周辺のお店・レストラン

「ラムサール条約登録湿地「佐潟」」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「ラムサール条約登録湿地「佐潟」」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら