焼火神社(焼火権現)

-
島根 > 隠岐の島々

隠岐への航海中、遭難しかけた後鳥羽上皇が御神火で導かれたと伝えられ、海上の守護神として信仰を集めています。焼火信仰の総本山であり、1732年改築の社殿は隠岐最古の木造建築です。参道では多様な植物を楽しめます。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「焼火神社(焼火権現)」の基本情報

名称

焼火神社(焼火権現)

カテゴリー

その他・その他

住所

島根県隠岐郡西ノ島町美田

アクセス

(1)浦郷港から車で20分+徒歩で25分

駐車場

電話番号

08514-6-0021

備考

創建年代 :986年~1011年

「焼火神社(焼火権現)」周辺のお店・レストラン

「焼火神社(焼火権現)」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「焼火神社(焼火権現)」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら