乙和池

-
新潟 > 新潟・三条・佐渡

池の中央に日本最大の高層湿原性浮島をもち、あたりには200種類を超える植物がうっそうと茂り、神秘的な雰囲気に包まれた池です。乙和池は大佐渡スカイラインを登ったところにある、大平高原に近い林道を600メートルほど入った所にあります。周囲の地形は小起伏を成して、自然林のブナ・ミズナラを主とする落葉広葉樹林に囲まれた静かで神秘的な場所です。県内にはいくつかの深山の天然池がありますが、周囲が高木の自然林に囲まれ、浮島が存在するものはこの乙和池だけです。しかも、越後に比べて山の浅い大佐渡山脈の中にこのような池が存在することは大変珍しいことです。乙和池の周囲の樹林にはミズナラを優占種とするブナ、ハウチワカエデ、ヤマモミジがあり、これらの下にはハイイヌガヤが多く見られ、林床の草木ではミヤマカンスゲが極めて多く見られます。池と周囲の落葉広葉樹林全体で約200種の植物が確認されています。浮島の面積は約400平方メートルで、ノハナショウブ、サヤヌカグサ、エゾミソハギ等の草木群落と2~3メートルの腐食層から成り立っています。また、島の中には井戸と呼ばれる穴があり、島が浮揚する役目を果たしていると言います。

「乙和池」の紹介記事

【秘境・絶景】新潟といえばここ!おすすめ観光スポットで新潟を...

sykxa14

中部地方へ観光に行こう♪魅力いっぱいのおすすめ観光スポット1...

yu_06

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「乙和池」の基本情報

名称

乙和池

カテゴリー

その他・その他

住所

新潟県佐渡市山田1600

駐車場

電話番号

0259-63-3195

備考

駐車場(普通車:有り(無料)) その他 :【県指定天然記念物】 、●指定名:乙和池の浮島及び植物群落 ●指定年月日:昭和38年3月22日

「乙和池」周辺のお店・レストラン

「乙和池」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「乙和池」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら