瀧の観音

-
広島 > 三次・庄原

安芸高田市向原町戸島にある絶壁の上に建つ瀧山の観音堂,通称「瀧の観音」は安芸33番札所の第17番で、正式な名称は「滝悩山円浄寺如意輪堂」といい、天正16年(1588)10月18日福原出羽守貞俊建立の棟札がる。堂の左峰より谷川に高さ10mの瀧があり、「観音の瀧」と呼ばれている。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「瀧の観音」の基本情報

名称

瀧の観音

カテゴリー

自然景観・絶景・滝・渓谷

住所

広島県安芸高田市向原町戸島

駐車場

電話番号

0826-42-0054

備考

文化財:市区町村指定史跡

「瀧の観音」周辺のお店・レストラン

「瀧の観音」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「瀧の観音」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら