覚苑寺

-
山口 > 下関

長府毛利藩三代の藩主綱元が建立したお寺で、毛利家の菩提寺の一つです。また、付近一帯は日本で最も古い貨幣の和同開珎を造った長門鋳銭所の跡で、出土資料は下関市立歴史博物館に所蔵しています。境内には、明治時代の武人である乃木希典像と日本画家である狩野芳崖像があり、和同焼の窯元もあります。紅葉の名所です。見学自由。

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「覚苑寺」の基本情報

名称

覚苑寺

カテゴリー

神社・神宮・寺院・その他神社・神宮・寺院

住所

山口県下関市長府安養寺3-3-8

駐車場

電話番号

083-245-0649

「覚苑寺」周辺のお店・レストラン

「覚苑寺」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「覚苑寺」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら