恭仁宮跡(山城国分寺跡)

4.01
京都 > 木津川・京都府南部

聖武天皇が奈良から遷都、後に国分寺を建てたところ。昭和32年(1957)7月に国の史跡に指定され、平成19年(2007)2月には史跡名称が「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」となり宮跡全体が守られている。

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」への投稿写真

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」へのレビュー

yuma8

yuma8

2019/11/23

aumo

秋らしい風景に誘われ恭仁宮(くにのみや)跡に。ここは740年に聖武天皇が遷都した恭仁京。墾田永年私財法など国の重要な政策が執り行われた場所。柿の木や、コスモスが美しく、たくさんの人がハイキングをされていました。歴史の舞台に来たんだ、とただ広い場所で大きく息を吸いました。気持ち良い青空でした。#山分け #万葉#奈良時代 #聖武天皇 #柿の木

  • + 1

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」の紹介記事

コスモス畑へ行きたい♡関西のオススメスポット2選!

peach

新型コロナウイルスの影響により、最新の情報ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」の基本情報

名称

恭仁宮跡(山城国分寺跡)

カテゴリー

観光施設・名所巡り・文化史跡・遺跡

住所

京都府木津川市加茂町例幣

アクセス

(1)JR大和路線加茂駅から徒歩で30分(又は、加茂駅西口より、コミュニティバス奥畑線・加茂通学線「恭仁宮跡」下車すぐ。加茂通学線は平日のみ運行)

駐車場

電話番号

0774-73-8191

備考

文化財:国指定史跡 時代 :奈良

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」周辺のお店・レストラン

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら