十和田湖

4.00
秋田 > 大館・鹿角
merry

merry

2021/11/10

aumo

秋の十和田湖。 青森県と秋田県にまたがる十和田湖は、その面積が山手線のエリアとほぼ同じという大きなカルデラ湖。深さも日本で3番目、最深部は東京タワーの高さとほぼ同じくらいになるそうです。 そんな十和田湖、湖面からの絶景やパワースポットをスピードボートで巡ってきました。 奥入瀬渓流よりもその水源である十和田湖の方が標高が高いため紅葉もこちらの方が進んでいてとてもきれいでした。紅葉は高い場所から始まっていくのが通常ですが、ここでは湖面に近い下の方から色づいていくそうで、小さなボートならではの低い眼高で楽しめたのも色づく葉っぱに近くて感動的でした。 とても感銘を受けたのが五色岩。 火山を感じる赤や黒の岩肌、木々の緑、湖面の色、空の色…これで五色のようですが、秋は木々が色づき、なないろの岩になっていました。 ・ 十和田湖では大きな遊覧船やスワンボート、手漕ぎボートなどいろんなボートがありますが、私たちは一番スピードの早いスピードボート(複合型のゴムボート)を予約して行きました。(青森県側の休屋の近くにあるリブパイオニアというショップです♪) スピードボートなので移動距離が多く、広い十和田湖の見どころをたくさん、しかもスリルと迫力満点で楽しめます。さらに大きな船では近づけないスポットにも行けて満足度の高いクルーズでした。 途中で十和田神社の御神木があるパワースポットで願いごとを書いた紙を投げ入れました。沈んだら願いごとが叶うとのこと。みんな無事沈んでいました。 ・ Rib Pioneerのボートクルーズは1人6,000円(オンライン事前予約で5,000円)です。遊覧船に比べて高いですが、遊覧船では行けないところにくまなく行けてとっても満足でした!おすすめのアクティビティです。 #十和田湖 #十和田 #青森 #秋田 #東北 #ribpioneer #リブパイオニア #十和田湖クルーズ #紅葉 #パワースポット #タカちゃんの日常 #秋

  • + 1
キキ

キキ

2021/08/17

aumo

十和田湖…透明度、スゴイです✨✨ もちろん、アヒルボートも楽しいと思いますが、リブボートと呼ばれるゴムボートで時速70キロでかっ飛ばす、十和田湖クルーズが絶対オススメです‼️ 今回参加したのは、パワースポット巡り。 すぐ近くにある十和田神社の御神木は、現在陸路からのアクセスは出来ず、クルーズに参加しないと行けない場所にあります。 パワースポット巡りのツアーに参加すると、乗船前に半紙のような素材の紙に願い事を書いてこよりを作り、御神木近くで湖に投げ、紙が沈めば願い事が叶うという体験イベント付きです!パワー巡りではないもので訪れ、個人的に行いたい方は、願い事を書く半紙のような紙を十和田神社で購入もできるようです。 御神木の、水中に張った根を見ることができるくらい、透明度が高いです!透明度は10mくらいあるとか。 今回はあいにくの天気でしたが、お天気の日で良い時間帯であれば、透明度の高い水面に木漏れ日が差し込む、幻想的な景色も見られるみたいです! #タカちゃんの日常

Musashi

Musashi

2020/11/21

aumo

#青森の観光スポット #青森 #十和田湖 青森県と秋田県にまたがり水深は日本で3番目に深い湖です。 キラキラとした湖面が綺麗です✨ 近くには乙女の象や十和田神社がありました 10月に行ったのでまだ紅葉はしてません。 もうちょっと遅かったらなぁー

yokoman

yokoman

2020/09/27

aumo

お疲れ様です 今年ではありませんが 九月の末には酸ヶ湯あたりは 紅葉だったな、なんて思い出し アルバムみたら同じ頃でしたよ 八甲田山付近の紅葉は綺麗でしたが 寒くてガタガタ震えていましたよ そんな思い出話はどうでも🤭 八甲田山の紅葉は今頃でしたよ 十月中旬には奥入瀬あたりかな? 酸ヶ湯あたりで温泉に紅葉は! いつかまた行ってみたいですね

  • + 5
teitei

teitei

2020/08/10

aumo

十和田湖の紅葉! カヤックで風を感じながら ゆったりとした時間を過ごしました! 十和田湖はカヤックの他にも 軍事用ボートやSUPなどのアクティビティも 楽しめるし、キャンプ場もあります! 近くには奥入瀬渓流や滝など 自然をたっぷりと堪能できる 素敵な場所です! 紅葉だけではなく新緑の夏に散策をするのも おすすめです🥺💗

DJゴン太

DJゴン太

2020/07/31

aumo

説明十和田湖は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。日本の湖沼としては、最大水深は326.8mで第3位、面積では12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が延びる。約20km北には八甲田山が位置する。 観光地となっており、冬季を除き遊覧船が就航している。十和田湖は、現在も活動を続けている「十和田火山」です。約20万年前から活動をはじめた十和田火山は、約5万5千年前から1万5千年前の間に、大規模な噴火を繰り返すようになりました。大量の火砕流を噴出すると共に、火山体の中心部が陥没をはじめます。少なくとも3回の火砕流噴火によって陥没が進み、約1万5千年前に現在の十和田湖の原型であるほぼ四角形のカルデラが形成され、そこに水が溜まってできたのが十和田湖です。その後、湖の決壊による大洪水で奥入瀬の渓谷が生まれます。十和田火山はその後も噴火活動を続け、最新の噴火は約1千年前に起こりました。奥入瀬の遊歩道から見られる滝や岩壁のほとんどは、約76万年前に20キロほど離れた八甲田カルデラから噴出した火砕流堆積物で、膨大な量の軽石や火山灰が堆積して圧縮・固結した溶結凝灰岩と呼ばれるものです。この火砕流台地が、十和田湖の決壊による大洪水で侵食され、深い谷が形成されます。それが奥入瀬の谷の原地形です。 奥入瀬川の流出口である現在の「子ノ口」は、地史的な面から見ても奥入瀬の「はじまり」の場所なのです。奥入瀬の遊歩道から見られる滝や岩壁のほとんどは、約76万年前に20キロほど離れた八甲田カルデラから噴出した火砕流堆積物で、膨大な量の軽石や火山灰が堆積して圧縮・固結した溶結凝灰岩と呼ばれるものです。この火砕流台地が、十和田湖の決壊による大洪水で侵食され、深い谷が形成されます。それが奥入瀬の谷の原地形です。 奥入瀬川の流出口である現在の「子ノ口」は、地史的な面から見ても奥入瀬の「はじまり」の場所なのです。十和田湖から見た子ノ口。まさに、かつて外輪山だったこの部分が決壊し、カルデラの湖水が流れ出したことで奥入瀬の深い谷が形成されたことがよくわかります。

ざんぎ

ざんぎ

2020/06/06

aumo

ふたえのカルデラ湖 遠くに岩木山

きのぴお

きのぴお

2019/12/14

aumo

青森県の十和田湖。朝一で訪れて空気がとても美味しくてずっとその場にいたくなるような景色。青空に恵まれて、家族旅行のいい思い出のひとつ。 #青森県 #十和田湖 #おでかけ #青空

kawaman 3039

kawaman 3039

2019/10/06

aumo

いつのまにか夏が去り、季節は巡るぐるぐると・・・。

kawaman 3039

kawaman 3039

2019/10/06

aumo

今は亡き母と訪れた懐かしい場所。 母がいて私がいて二人共笑顔でした。

基本情報

名称

十和田湖

カテゴリー

自然景観・絶景・湖沼

住所

青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486

駐車場

電話番号

0176-75-2425

「十和田湖」周辺のお店・レストラン

「十和田湖」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「十和田湖」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら